埼玉 新型コロナ 和光の病院でクラスター 25人感染確認

埼玉県は、1日までに和光市内の病院で入院患者と医療従事者の合わせて25人の感染が確認されたと発表し、感染者集団=クラスターが発生したとして詳しく調べています。

埼玉県によりますと、クラスターが発生したのは、和光市の「医療法人寿鶴会菅野病院」です。

この病院では、入院患者や医療従事者の感染が相次ぎ、先月30日までに21人、1日も新たに医療従事者4人の感染が確認されました。

病院での感染者は合わせて25人となり、埼玉県は感染者集団=クラスターが発生したとして、検査を進めるなど感染状況を調べています。

病院では、外来の診察や新たな入・退院については見合わせているということです。

また、さいたま市によりますと、市内の小学校に勤める20代の教諭の感染が確認され、この学校での感染者は児童や教諭合わせて5人となりました。

市では、1日からこの学校を臨時休校とし、ほかの児童や教諭の検査を進めています。

川越市によりますと、発表した3人のうち、60代の男性と80代の女性の合わせて2人はクラスターが確認されている「赤心堂病院」の入院患者で、この病院での感染者は9人となりました。

埼玉県内では、1日、新たに104人が新型コロナウイルスに感染していたことが確認されたと発表され、県内で感染が発表されたのは合わせて8528人になりました。

また、埼玉県とさいたま市は、新型コロナウイルスに感染した患者3人が死亡したと発表しました。

このうち80代の女性は、集団感染が確認されている深谷市のケアハウス「あかつき」の入所者でこの施設で亡くなったのは、初めてだということです。

これで県内で感染が確認され死亡したのは144人となりました。