自民・立民 国民投票法改正案 今国会の採決見送りで合意

12月5日の国会の会期末を前に、自民党と立憲民主党の幹事長らが会談し、先週、実質的な審議に入った国民投票法の改正案について、今の国会での採決は見送り、来年の通常国会で結論を得ることで合意しました。

自民党の二階幹事長と立憲民主党の福山幹事長は、国会内で会談し、両党の国会対策委員長も同席しました。

この中で、二階氏は先週、実質的な審議に入った国民投票法の改正案について、与党側が早期の採決を求めているものの、立憲民主党などが時期尚早だと主張していることを踏まえ、今の国会での採決を見送る考えを伝えました。

そのうえで「改正案は8国会にわたって継続案件になっていて、来年の通常国会では何らかの結論を得ることで合意したい」と述べました。

これに対し、福山氏は「採決の見送りは評価したい。改正案は、まだ、十分な審議が行われておらず、この国会は新型コロナウイルス対策に集中すべきだ。通常国会では静かな環境で粛々と議論し、何らかの結論を得ることは承知した」と応じました。

一方、福山氏が国会の会期延長と「桜を見る会」の前日夜の懇親会をめぐり、安倍前総理大臣の国会への招致を求めたのに対し、二階氏は、「意見は承った」と述べ、両党の国会対策委員長で協議を続けていくことを確認しました。

立民 福山幹事長「今国会での採決見送り評価」

立憲民主党の福山幹事長は会談のあと、記者団に対し「国民投票法の改正案の審議は、まだ入り口に入ったばかりで、採決の見送りを決めてもらったことは評価したい」と述べました。

一方、福山氏は、「『桜を見る会』をめぐり、安倍前総理大臣の国会答弁が、あらゆる点で事実と違うことが一斉に報道されている。新型コロナウイルスの感染拡大の最中であることからも、このまま国会を閉じるのではなく、月末まで延長し、さらに議論をすべきと考える」と述べました。

自民 森山氏「憲法審査会では与野党の合意が大事」

自民党の森山国会対策委員長は、自民党と立憲民主党の幹事長会談のあと記者団に対し、「できるだけ円満な国会でありたいし、特に憲法審査会で与野党の合意を求めるのは基本的に大事なことだ。国会の会期は、当初予定されていた政府提出法案の成立のめどが立ってきたので、会期通りに終了するのがいいのではないか」と述べました。