熟練職人の技をAIで再現 ロボットがバウムクーヘン焼き上げ

熟練の菓子職人の技をデータ化してAI=人工知能に学習させることで、伝統の手作りの味を再現するロボットが開発され、30日バウムクーヘンを焼き上げる様子が披露されました。

ロボットを開発したのは、創業102年の菓子メーカー「ユーハイム」です。

何層にも生地を重ねながら焼き上げるバウムクーヘンは、その日の気温や湿度によって焼き加減の判断が極めて難しく、この会社では、熟練の職人が一つ一つ手作りしています。

開発した高さ90センチほどのオーブン型のロボットには、AIが搭載され、熟練の職人の技術のデータを学習させています。
このため、焼き色を見極めながら、最適なタイミングで棒に生地を重ね塗りすることができ、独特のしっとり感やふわふわ感を実現しているということです。

この会社では、若手職人の技術の向上にも生かしていきたいとしています。

こうした職人の技のデータ化をめぐっては、水産業ではマグロの味を見定める職人の目利きの技をデータ化しAIが品質を評価する仕組みが実用化されているなど広がりをみせています。

「ユーハイム」の河本英雄社長は「どこでも職人の味を楽しむことができる。菓子の大量生産も可能になり、より多くの人を幸せにすることができるようになる」と話していました。