立民 枝野代表 会期延長要求へ「与野党あげて感染症対応を」

今週末に会期末を迎える国会について、立憲民主党の枝野代表は記者会見で、さらに時間をかけて与野党で新型コロナウイルス対策を議論する必要があるとして、会期の延長を求めていく考えを示しました。

今週末の12月5日に会期末を迎える今の国会について、政府・与党は新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、今年度の第3次補正予算案と来年度予算案の編成作業を円滑に進めたいとして、会期は延長しない方針です。

これについて立憲民主党の枝野代表は記者会見で、「菅内閣は、感染の広がりを前に呆然と立ち尽くしている状況だ。会期を延長して与野党をあげて感染症への対応に取り組むことを強く求めたい」と述べ、会期の延長を求めていく考えを示しました。

一方、枝野氏は「GoToトラベル」について、「政府の方針がころころ変わることで、国民や事業者に必要以上の負担と混乱を与えている。小手先の中途半端な対応はやめるべきだ」と批判しました。