東京メトロ 終電繰り上げへ 全路線最大16分程度 2021年春から

首都圏の鉄道会社で、最終電車の時刻の繰り上げが相次ぐなか、東京メトロも来年春にすべての路線で終電の時刻を最大で16分程度繰り上げると発表しました。

終電の時刻を繰り上げるのは、東京メトロの9つすべての路線で、来年春のダイヤ改正に合わせて実施されます。

このうち、平日は、
▼千代田線の北千住から綾瀬行きは、16分程度、
▼東西線の東陽町から中野行きは、12分程度、
▼銀座線の渋谷から上野行きや、
▼丸ノ内線の新宿三丁目から池袋行きは、それぞれ10分程度、繰り上げられます。

これにより、午前1時台の運行はなくなり、3500人程度に影響が出るとみられるということです。

繰り上げの理由について、東京メトロは、夜間の保守点検や工事の作業時間を確保することや、首都圏の鉄道各社で終電の繰り上げが相次ぎ、乗り換えの駅で接続を考慮する必要があるためとしています。

東京メトロによりますと、夜間の保守点検などの件数は、昨年度1年間におよそ9万800件で、設備の更新やホームドアの設置工事などで、8年前と比較して1.4倍に増えているということです。

東京メトロは詳細な最終電車の時刻について来年1月中旬に公表したいとしています。

主な乗換駅での最終列車繰り上げ時間

東京メトロによりますと、主な乗換駅での、平日の最終列車の繰り上げ時間は、以下のとおりです。

後楽園駅

▽丸ノ内線
池袋方面:10分程度繰り上げ
新宿行き:10分程度繰り上げ
▽南北線
赤羽岩淵方面:3分程度繰り上げ
市ケ谷行き:3分程度繰り上げ

大手町駅

▽東西線
中野方面:12分程度繰り上げ
妙典行き:8分程度繰り上げ
▽半蔵門線
渋谷方面:変更なし
清澄白河行き:3分程度繰り上げ
▽丸ノ内線
池袋方面:10分程度繰り上げ
新宿行き:10分程度繰り上げ
▽千代田線
綾瀬方面:変更なし
代々木上原方面:変更なし

茅場町駅

▽日比谷線
北千住方面:6分程度繰り上げ
中目黒方面:10分程度繰り上げ
▽東西線
中野方面:12分程度繰り上げ
妙典行き:8分程度繰り上げ

銀座駅

▽日比谷線
中目黒方面:10分程度繰り上げ
北千住方面:6分程度繰り上げ
▽丸の内線
池袋方面:10分程度繰り上げ
新宿行き:10分程度繰り上げ
▽銀座線
上野行き:10分程度繰り上げ
渋谷方面:9分程度繰り上げ

永田町駅・赤坂見附駅

▽南北線
赤羽岩淵方面:3分程度繰り上げ
目黒方面:4分程度繰り上げ
▽半蔵門線
渋谷方面:変更なし
清澄白河行き:3分程度繰り上げ
▽有楽町線
池袋行き:11分程度繰り上げ
新木場方面:7分程度繰り上げ
▽丸ノ内線
新宿行き:10分程度繰り上げ
池袋方面:10分程度繰り上げ
▽銀座線
渋谷方面:9分程度繰り上げ
上野行き:10分程度繰り上げ

渋谷駅

▽半蔵門線
清澄白河行き:3分程度繰り上げ
▽銀座線
上野行き:10分程度繰り上げ
▽副都心線
池袋行き:変更なし

新宿駅

▽丸ノ内線
中野富士見町行き:9分程度繰り上げ
新宿三丁目行き:7分程度繰り上げ

池袋駅

▽有楽町線
和光市方面:11分程度繰り上げ
新木場方面:7分程度繰り上げ
▽副都心線
和光市方面:11分程度繰り上げ
渋谷方面:12分程度繰り上げ
▽丸ノ内線
茗荷谷行き:変更なし

私鉄3社も最終電車を繰り上げ

大手私鉄3社も来年春のダイヤ改正で最終電車を繰り上げます。

東武鉄道は、3つの路線で終電を最大15分程度繰り上げます。
▽東武スカイツリーラインは、下りの浅草と北春日部の区間と、上りの北千住と浅草の区間がいずれも15分程度早まります。
▽大師線は、西新井と大師前の区間で上り下りいずれも10分程度早まります。
▽東上線は、下りの池袋と川越市の区間が15分程度、上りの志木と池袋との区間が10分程度早まります。

京急電鉄は、大師線を除く4つの路線の終電を平日の下りで最大およそ30分繰り上げます。
▽京急本線は、品川から横浜まではおよそ21分、浦賀まではおよそ14分早まります。
▽久里浜線は、品川から京急久里浜まではおよそ30分、三浦海岸までは、およそ18分早まります。
▽空港線は、品川から羽田空港第1・第2ターミナルまではおよそ2分早まります。
▽逗子線は、品川から逗子・葉山まではおよそ16分早まります。

京成電鉄は、京成本線の終電を平日の下りで最大20分程度繰り上げます。
▽京成高砂から京成津田沼の間は、10分程度、
▽京成津田沼から京成佐倉の間は、15分から20分程度、
▽京成佐倉から京成成田の間は、15分程度、
いずれも早まります。