バイデン氏 飼い犬と遊び足の骨にひび

アメリカの大統領選挙で勝利を宣言したバイデン前副大統領が、飼い犬と遊んでいた際に足を滑らせ、右足の骨に小さなひびが入っていたことが分かりました。

バイデン氏の陣営の発表によりますと、バイデン氏は、28日に愛犬の「メジャー」と遊んでいた際に、足を滑らせて右足首をひねったということです。

バイデン氏は医師の診察を受けて、当初は捻挫と診断されていましたが、29日、CTスキャンで詳しく調べた結果、右足のかかとから、つま先の間の一部の骨に小さなひびが入り、骨折していたことが分かったということです。

バイデン氏は、今後数週間は治療のために、足を保護するブーツを履いて仕事したり生活したりする可能性が高いとしています。

バイデン氏は、今月20日に78歳の誕生日を迎え、来年1月20日に大統領に就任すれば、アメリカ史上最高齢の大統領になります。

バイデン氏は、これまで健康状態に異常はなく、大統領の職務を行ううえで問題はないと強調してきましたが、今回の骨折を受けて、再び、年齢や健康状態を不安視する見方も出てきそうです。

トランプ大統領「お大事に!」と投稿

アメリカのトランプ大統領はバイデン前副大統領が足を骨折したことを受け、ツイッターに「お大事に!」と投稿しました。