11月29日は「飯田焼肉の日」 焼き肉のまちPR 長野 飯田

「焼き肉のまち」としてPRしている長野県飯田市で、11月29日が語呂合わせで「飯田焼肉の日」として記念日に登録されることになり、登録証の授与式が行われました。

長野県飯田市は市などが独自に行った調査で、人口1万人あたりの焼き肉店の数が全国の市の中で最も多いとして「焼き肉のまち」としてPRしています。

地元の食肉組合などが11月29日を「飯田焼肉の日」として、一般社団法人「日本記念日協会」に申請したところ、それが認められ登録証の授与式が開かれました。
授与式には、地元出身で市の焼き肉大使に任命されているものまねタレントのニッチロー’さんらが出席し、登録証を受け取った後には、会場で早速、集まった人たちが焼き肉を楽しみながら、登録を祝っていました。
組合などでは今後、焼き肉の楽しさを知ってもらうイベントなどを計画していくということです。

飯田下伊那食肉組合の吉川武彦組合長は「今後この日に多くの人が飯田市で焼き肉を食べるようになるとうれしい」と話していました。