火球「最後の燃え上がる明るさ満月級か」専門家 目撃は広範囲

流れ星の中でも特に明るく輝く火球が、29日午前1時半すぎに、西日本を中心に広い範囲で、観測されました。専門家は「最後の燃え上がるような明るさは、満月級だったと見られる」と分析しています。

29日午前1時34分ころ、流れ星の中でも特に明るく輝く火球が、西日本を中心に広い範囲で観測されました。

三重県や愛知県などに設置されているNHKのカメラには、南の空に火球があらわれ、数秒間、落下した後にひときわ明るさを増して輝き、一瞬、空全体が明るく照らし出されている様子が映っていました。

インターネットのSNSでも火球を見たという投稿が相次ぎ、目撃情報は東海から近畿、それに四国など広い範囲に及びました。

火球に詳しい神奈川県にある平塚市博物館の学芸員の藤井大地さんは、「火球は比較的、速度が速く、最後の燃え上がるような明るさは、満月級だったと見られる。複数の位置から観測した映像を分析すれば、軌道を割り出してどこからきたものか推定できるかもしれない」と話しています。

四国各地でも夜空明るく

四国の各地でも一瞬、夜空が明るくなる様子が確認されました。

午前1時半すぎ、香川県坂出市の坂出インターチェンジ付近を走行していた川口翔也さんの車のドライブレコーダーが捉えた映像では、火球がこうこうと光を放ちながら一瞬で落下し、空が明るくなる様子がわかります。

川口さんは「最初はフロントガラスに街灯がうつっているように見えましたが、一瞬、ピカッと光りました。ネットでは見たことがありましたが、本当に驚きました」と話していました。

愛媛県や香川県にあるNHKのカメラも、火球が落下する様子を捉えていました。

流れ星の中でも特に明るく輝く火球が南の空に現れ、数秒間、落下した後にひときわ明るさを増して輝き、一瞬、空全体が明るく照らし出されました。

SNSでも火球を見たという投稿が相次ぎ、目撃情報は東海から近畿、それに四国など西日本の広い範囲に及びました。