新年一般参賀 来年は見送り 新型コロナ感染拡大防止で 宮内庁

毎年、正月2日に皇居で行われる新年一般参賀について、来年は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため実施されないことになりました。新年一般参賀が見送られるのは、昭和天皇の逝去を受けて行われなかった平成2年以来になります。

皇居では毎年、新年を迎えた正月2日と天皇誕生日に一般参賀が行われていて、ことしの1月2日も、天皇皇后両陛下が、上皇ご夫妻や皇族方とともに宮殿のベランダに立たれ、1日で6万8700人余りが新年の参賀に訪れました。

しかし、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、年明けの来年の新年一般参賀については、手荷物検査や参賀の会場で多くの人たちが密集することなどを踏まえ、宮内庁が実施を見送ることを正式に決定しました。

一般参賀は、ことし2月の天皇誕生日にあたっても、感染拡大を考慮して取りやめられましたが、新年の一般参賀が実施されないのは、昭和天皇の逝去を受けて行われなかった平成2年以来になります。

宮内庁は、「毎年恒例の新春行事ではあるが、感染拡大の状況も踏まえ、実施しないという判断をした」としています。