能取湖で珍しい白いナマコ見つかる 北海道 網走

北海道網走市の能取湖で珍しい白いナマコが見つかり、市内の施設で展示されています。

今月4日、網走市の能取湖でホタテ漁をしていた漁業者が、白いナマコが1匹混ざっているのを見つけ、網走市にある水産科学センターに寄贈しました。

見つかった白いナマコは体長15センチ、重さ230グラムほどです。

センターによりますと、色が白いのは色素の異常によるもので、大変珍しいということです。
白いナマコは、センターに併設されている「川と湖の学習館」の体験コーナーで茶色や黒の普通のナマコと一緒に展示されていて、見比べると色の白さが際立っています。

センターを管理する網走市水産漁港課の飯田匠さんは「白いナマコは、3年以上は生きると思います。珍しいので1度見に来てください」と話しています。

「川と湖の学習館」は、来月1日から冬期休館に入りますが、火曜から金曜までは、電話で予約すれば白いナマコを見ることができるということです。