サッカーJ1結果 川崎フロンターレが優勝 2年ぶり3回目

サッカーJ1は第29節の6試合が行われ、川崎フロンターレがガンバ大阪に快勝し、2年ぶり3回目の優勝を決めました。

▽フロンターレは前半、レアンドロ・ダミアン選手と家長昭博選手のゴールで2点をリードし、後半には3点を奪って2位のガンバに5対0で快勝しました。

家長選手は3得点をあげるハットトリックの活躍でした。

フロンターレは2年ぶり3回目の優勝で、J1史上最も速い4試合を残しての優勝です。

▽大分トリニータ 対 セレッソ大阪は、セレッソが前半に清武弘嗣選手があげたゴールを守り抜いて1対0で勝ち、4位に浮上しました。

▽鹿島アントラーズ 対 柏レイソルは、レイソルが得点ランキングトップに立つオルンガ選手のゴールなどで4対1で勝ちました。

アントラーズは5位に後退です。

▽横浜FC 対 清水エスパルスは、エスパルスが3対1で勝ちました。

▽湘南ベルマーレ 対 サンフレッチェ広島は、1対1で引き分けました。

▽サガン鳥栖 対 ベガルタ仙台は、ベガルタが1対0で勝ちました。