配管部品メーカー4社でカルテルか 公取委が立ち入り検査

空調設備の配管に使われる部品などのメーカー4社が販売価格を不当に引き上げるカルテルを結んでいたとして、公正取引委員会が独占禁止法違反の疑いで立ち入り検査したことが関係者への取材で分かりました。

立ち入り検査を受けたのは、いずれも配管部品の製造や販売を行う、群馬県太田市の「ベンカン機工」、兵庫県洲本市の「淡路マテリア」、大阪市西成区の「古林工業」、東京 大田区の「日本ベンド」の4社です。

関係者によりますと、4社は高層ビルの空調設備や石油工場などの配管をつなぎ合わせる部品をめぐり、販売価格を不当に引き上げるカルテルを結んでいた疑いがあるということです。

この部品の市場規模はおよそ100億円とみられ、この4社がシェアのほぼすべてを占め、遅くとも平成29年ごろからカルテルを繰り返していたとみられています。

公正取引委員会は25日、4社の本社や営業所などを立ち入り検査し、詳しいいきさつを調べています。

このうち、ベンカン機工と古林工業は「公正取引委員会の調査が入ったことは事実で調査に協力していく」としています。

淡路マテリアは、「違反の事実はないと認識しているが、調査には協力していく」と、日本ベンドは「担当者がおらずコメントできない」としています。