立民 “桜を見る会”安倍前首相の予算委出席要求 自民は拒否

自民党と立憲民主党の国会対策委員長が会談し、「桜を見る会」の前日夜に開催された懇親会をめぐる問題で、立憲民主党が、25日の予算委員会に参考人として安倍前総理大臣の出席を求めたのに対し、自民党は応じられないという考えを伝えました。

この中で、立憲民主党の安住国会対策委員長は「桜を見る会」の前日夜に開催された懇親会の費用の一部を安倍前総理大臣の事務所が負担した疑いがあると報じられているとして、これまでの安倍氏の国会答弁と全く異なると指摘しました。

そのうえで、25日行われる衆参両院の予算委員会の集中審議に、参考人として安倍氏の出席を求めました。

これに対し、自民党の森山国会対策委員長は、検察当局から発表がない今の段階では、安倍氏の出席については応じられないという考えを伝えました。

一方、森山氏は、憲法改正の手続きを定めた国民投票法の改正案について、26日開かれる衆議院憲法審査会で審議を行いたいと提案し、審査会の与野党の幹事で協議していくことになりました。

自民 森山国対委員長「受けることには無理がある」

自民党の森山国会対策委員長は、記者団に対し、「司法当局から何ら正式な発表がない現時点で、参考人の出席を要請をされても、受けることには無理があると申し上げた。結論は平行線なので、引き続きあす、予算委員会の現場で議論される」と述べました。

立民 安住国対委員長「これまでの説明と全く違う」

立憲民主党の安住国会対策委員長は、記者団に対し、「これまで国会で、安倍前総理大臣が説明してきたことと、いま報道されている事実関係は全く違う。安倍氏には、ぜひ国会に出てきていただき、なぜ、『事務所は一切関わっていない』という話になったのか、説明を求めたい」と述べました。