埼玉「Go Toイート」新たな食事券の販売 一時停止を決定

埼玉県は、24日開いた県の新型コロナウイルスの対策本部会議で、「Go Toイート」の新たな食事券の販売を一時停止することなどを決めました。

埼玉県は、新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受けて24日、対策本部会議を開き、外食需要を喚起する「Go Toイート」について、来月、12月1日から新たに開始する予定だったプレミアム付き食事券の販売を一時停止することや、販売済みの食事券や獲得済みのポイントの利用を差し控えるよう呼びかけ、国の決定に合わせて、利用制限を行うことを決めました。

すでに予約をしていて、まだ発券していない食事券については、遅くとも11月27日中に発券する必要があるということです。

県は、新たな食事券の販売停止や発行済みの食事券の利用制限などを行う期間については、ウイルスの感染の状況を見て判断するとしています。

埼玉県の大野知事は「非常に危機的な状況に至っていると考えている。社会経済活動を円滑に、今後実施していくためにも今、力を入れるべきだと考えている」と述べました。