「桜を見る会」前夜の懇親会めぐる問題 与野党反応

「桜を見る会」の前日夜に開催された安倍前総理大臣の後援会主催の懇親会をめぐる問題で、立憲民主党の枝野代表は、「しっかりと安倍氏本人に国会で説明をしていただかなければならない」と述べたのに対し、自民党の二階幹事長は「直接、話を聞いていない」としたうえで、与野党間の協議を通じて対応を判断したいという考えを示しました。

「桜を見る会」の前日夜に開催された懇親会をめぐる問題で、会場のホテル側が作成した領収書には、去年までの5年間にかかった懇親会の費用のうち、安倍前総理大臣側が少なくとも800万円以上を負担したことを示す内容が記されていることが、複数の関係者への取材で新たに分かりました。

東京地検特捜部もこうした経緯を把握し、安倍前総理大臣の公設第1秘書らから任意で事情を聴くなどして確認を進めているものとみられます。

この問題で、立憲民主党の枝野代表は「しっかりと安倍氏本人に国会で説明をしていただかなければならない」と述べたのに対し、自民党の二階幹事長は「直接、話を聞いていない」としたうえで、与野党間の協議を通じて対応を判断したいという考えを示しました。

立民 枝野代表「安倍氏は国会で説明を」

立憲民主党の枝野代表は、党の役員会で、「1年間にわたり、時の総理が国会でうそをつき続けていたということが明らかになり、到底許されることではない。しっかりと安倍氏本人に国会で説明をしていただかなければならず、逃げ隠れは許されない。菅総理大臣も、安倍政権の番頭役である官房長官だったわけで、その責任は免れない」と述べました。

立民 安住氏「安倍氏に予算委員会に来ることを要求したい」

立憲民主党の安住国会対策委員長は、記者団に対し、「安倍前総理大臣は、事務所による補填(ほてん)はないと言い続けていた。うそをつかれると国会質疑は成り立たず、大変大きな責任を取ってもらわなければならない。まずは本人の口から説明してもらわなければならず、あすの予算委員会に、早速、参考人として来てもらうことを要求したい。場合によっては、証人喚問もせざるをえない状況だ」と述べました。

また、安住氏は、「与党側もちゃんと協力してもらわないと困る。菅総理大臣も、この件について、全く問題ないと言い続けてきたので、何を根拠に言っていたのかは聞かないといけない」と述べました。

維新 遠藤国対委員長「検察の調べ見守る」

日本維新の会の遠藤国会対策委員長は、記者会見で「検察当局が調べているので、見守っていくのが第1だ。そして、状況が明らかになれば、安倍前総理大臣が国民の信頼をきちんと取り戻すために説明責任を果たすべきだ」と述べました。

加藤官房長官「政府として見守りたい」

加藤官房長官は、閣議のあとの記者会見で、「マスコミの報道一つ一つについて、これまでコメントを控えていたところで、一般論として、捜査に関する事項についても政府としてコメントは控えてきている。安倍事務所から、刑事告発に対応した検察の事情聴取や捜査には真摯(しんし)に協力しているとのコメントが発表されていると承知しており、そうした対応を政府としては見守っていきたい」と述べました。

自民 二階幹事長 与野党間協議通じて対応を判断したい

自民党の二階幹事長は、記者会見で、「直接、話を聞いていないので、新聞に出ていることを拝見した程度だ」と述べました。

また、野党側が、安倍前総理大臣の国会での説明を求めていることについては、「関係者が判断することだ」と述べ、与野党間の協議を通じて対応を判断したいという考えを示しました。

自民 森山国対委員長「立法府が対応することは慎むべき」

自民党の森山国会対策委員長は、記者団に対し、野党側が安倍前総理大臣の国会での説明を求めていることについて「まだ聞いていないが、告発を受けて捜査が進んでいると承知している。わが国は三権分立の国であり、司法がやっていることに立法府が対応することは慎むべきだ」と述べました。

そのうえで、野党側が、過去の安倍氏の国会答弁が虚偽に当たる可能性があると指摘していることについて、森山氏は、「虚偽かどうかは検証してみないとわからない。秘書からの報告が間違っていたら、間違った報告をする結果になってしまい、それまで虚偽と言えるのかは、わからない」と述べました。

公明 山口代表「本人は説明責任がある」

公明党の山口代表は、記者会見で、「検察が捜査を展開していると聞いているので、きちんと捜査を尽くしてもらい、われわれはそれを見守るべき立場だ。一方で、本人には説明責任があり、説明責任を尽くす基本的な立場は、安倍前総理大臣の側にあると考えている」と述べました。

野党側 “虚偽答弁にあたる可能性 事実関係確認を”

衆議院議院運営委員会の理事会で、ことし1月の衆議院本会議での安倍前総理大臣の答弁をめぐり、野党側は「『後援会としての収支は一切ない』と答弁しており、差額を負担していたのであれば、虚偽答弁にあたる可能性がある」と指摘し、事実関係を確認するよう求めました。

これに対し、与党側は、「答弁を確認する」と応じました。

安倍氏を参考人として出席させるか 与野党間で会談

自民党の末松参議院国会対策委員長と、立憲民主党の難波参議院国会対策委員長が国会内で会談し、難波氏が、25日開かれる参議院予算委員会の集中審議に、安倍前総理大臣を参考人として出席させるよう求めたのに対し、末松氏は、持ち帰って対応を検討する考えを伝えました。

自民 世耕参院幹事長「安倍氏招致は適切ではない」

自民党の世耕参議院幹事長は、記者会見で「安倍前総理大臣の事務所が捜査に誠実に協力していくということなので、それを見守りたい」と述べました。

そのうえで、野党側が、安倍氏の国会での説明を求めていることについて、「報道をみるかぎりでは、法律に違反する事項があるとは思えないので、安倍氏を国会に参考人で呼ぶことは適切ではない」と述べました。

共産 小池書記局長「本人説明以外に解決の道なし」

共産党の小池書記局長は、記者会見で、「安倍前総理大臣が何度も何度も答弁した中身が虚偽だった可能性があるわけなので、本人が出てきて説明する以外に解決の道はない。国会招致を拒否し続けるのであれば、国民から、自民党ぐるみで真相を隠蔽していると見られてもしかたなく、そう見られたくなければ、野党の要求に応じるべきだ」と述べました。