新型コロナで各国の結束を強調 G20「リヤド首脳宣言」採択

G20=主要20か国の首脳会議が閉幕し、新型コロナウイルスの感染拡大で、多国間協力が必要だとして、各国が結束するとともに、治療薬やワクチンをすべての人が安価で公平に確保できるよういかなる努力も惜しまないなどとする首脳宣言が採択されました。

サウジアラビアが議長国となって、21日から2日間の日程でオンラインで行われた、G20サミットの首脳会議は、23日未明、閉幕し、「G20リヤド首脳宣言」が採択されました。

この中では、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「多国間協力がこれまでになく必要とされている」として、G20の首脳による結束を強調しています。

そのうえで、治療薬やワクチンをすべての人が安価で公平に確保できるよういかなる努力も惜しまないとし、途上国を含めた世界各国に普及させるための特許を管理する国際的な枠組みづくりを、完全に支持するとしています。

そして、人類の力強さと新型コロナウイルスに打ち勝つ世界の結束の証しとして、来年、東京オリンピック・パラリンピックを主催するという日本の決意を称賛するとしています。

また、世界経済について、部分的に回復しているもののばらつきがあり不確実性が高く、新たな感染拡大など、より大きなリスクにさらされており、すべての政策手段を通じて雇用や所得を守るとしています。