小惑星「リュウグウ」の砂 地球に到達の可能性 観測に挑戦

日本の探査機「はやぶさ2」が、小惑星「リュウグウ」に金属を高速で打ち込んだ時に噴き出した小さな砂が、21日から数日間にわたって地球に到達する可能性があり、国立天文台などは高感度の望遠鏡を使って観測できるか挑戦することなっています。

日本の探査機「はやぶさ2」は、去年4月、小惑星「リュウグウ」に金属の塊を衝突させて人工のクレーターを作っていて、この衝撃のため、高速で噴き出した0.1ミリほどの小さな砂が、21日から数日間、地球に到達する可能性があるとした分析結果を、国立天文台の佐藤幹哉広報普及員が明らかにしました。

地球の大気圏に突入すると、わずかに発光するものの、砂の粒が小さいことなどから、肉眼ではほとんど見えないと予想されていて、長野県にある、東京大学の高感度の望遠鏡で観測に挑戦するということです。

また、比較的大きな粒の砂は、13年後の2033年に到達する可能性があり、この時には、肉眼でも見ることができるとしています。
「はやぶさ2」は、小惑星「リュウグウ」へのタッチダウンに成功して、表面の砂などが入ったとみられるカプセルを、来月6日に地球に帰還させることになっています。

佐藤さんは「『はやぶさ2』のカプセル帰還の一足先に『リュウグウ』を感じることができるよう観測にチャレンジしたい」と話しています。