履歴書から「性別や写真欄」の削除を

採用活動の際、性別や外見ではなく、適性や能力を重視してほしいと「履歴書」から性別欄や写真欄などの削除を求めている団体が、20日にイベントを開き、新しい履歴書の在り方を呼びかけました。

履歴書をめぐっては、性別欄などが記載され、市販の履歴書の参考にされてきたJIS=日本産業規格の様式例が、ことし7月に削除されるなど、従来の形式を見直す動きが出ています。

こうした中、20日に都内で、これからの履歴書の在り方を考えるイベントが開かれ、さまざまな立場から参加者が経験や思いを語りました。

メラニン色素を作れない「アルビノ」の当事者で、立教大学助教の矢吹康夫さんは「外見の印象で公正な選考が妨げられ、雇用差別が起きている」として、写真欄の削除を求めました。

また、心と体の性が一致しないトランスジェンダーの安間優希さんは「戸籍上の性別は男性のままなので、女性欄に丸をつけると、うそをついているという心理的なプレッシャーがある」とビデオメッセージで訴えました。

このあと主催団体側が、性別欄や写真欄などの廃止に向けた施策を求める要望書を、出席していた厚生労働省の担当者に提出し、担当者は、公正な採用選考の観点から、新たな様式例を示す必要はあるとして、性別欄などをなくすことによる影響も踏まえながら、検討していくと応じていました。