藤井聡太二冠 通算200勝 18歳4か月 歴代トップ棋士で最年少

将棋の藤井聡太二冠が、20日の対局で勝って、通算200勝を達成しました。18歳4か月での達成は、歴代のトップ棋士の中で最年少です。

藤井聡太二冠は20日、東京の将棋会館で、八大タイトルの1つ「王将戦」の挑戦者決定リーグ戦に臨み、木村一基九段と対局しました。

木村九段は、藤井二冠がこの夏の「王位戦」七番勝負で4連勝してタイトルを奪った相手で、藤井二冠は今回も優勢に対局を進めて午後7時20分、101手までで勝ちを収めました。

日本将棋連盟によりますと、藤井二冠はこれで、テレビで未放送の対局を含めた成績が200勝40敗となり、プロ入りから4年1か月で通算200勝を達成しました。

藤井二冠は現在18歳4か月で、歴代のトップ棋士の中では、羽生善治九段の19歳1か月を抜いて、最年少で200勝に達しました。

一方、プロ入りから200勝までの期間は、羽生九段の3年11か月に次いで2番目に短いということです。

対局のあと藤井二冠は、
「序盤は忙しい形になってしまったが、最後はなんとか詰ませることにつながったのかなと思います」と振り返ったうえで、200勝達成について聞かれると、「全く気付いていなかったんですけど、これからも実力を高めて積み上げられるように頑張りたいと思います」と話していました。

藤井二冠は今回の挑戦者決定リーグ戦で、3連敗のあと3連勝したもののリーグへの残留はならず、来期の王将戦は二次予選から参加することになりました。

藤井二冠「200勝は全く気がついていなかった」

通算200勝を達成した藤井聡太二冠が、感想戦のあと取材に応じました。

藤井二冠は、はじめに記録達成について改めて問われると、「きょう200勝ということは全く気がついていなかった。200勝ということ以上に、これまでの240局でいろいろな経験ができたかなと思っているので、それを今後、生かしていけるようにしたいと思っています」と話していました。

その上で「今期の棋聖戦の第1局が自分にとって初めてのタイトル戦だった。そんな中でも自分なりに精いっぱいできたと思っているので、印象に残っています」とこれまでの対局を振り返りました。

そして今後については、「どんどん対戦相手も強くなってきて、今後もより厳しくなってくるので、対応できるようにしたい。王位のタイトルを獲得したあと対局の間隔が以前よりも空くことが多くて、内容的にもペースをつかめていないところがある。今回の王将リーグで6局指していい経験になったので、ちょっとずつよくしていきたい」と意気込みを語っていました。