灯油にガソリン混入か 購入客半数近くと連絡取れず 千葉 印西

千葉県印西市のガソリンスタンドでガソリンが混ざったおそれのある灯油が販売されていた問題で、販売された客のうち、20日夕方現在も半数近くの人と連絡が取れていないということで、会社では使用しないよう呼びかけるとともに、回収を進めています。

ガソリンが混入したおそれのある灯油が販売されたのは、印西市牧の原のガソリンスタンド「出光セルフ千葉ニュータウンサービスステーション」です。

出光興産によりますと、このスタンドでは19日午後0時半から午後3時の間に、ガソリンが混入したおそれのある灯油を56人の客に合わせて1800リットル販売したということです。

ガソリンが混ざった灯油をストーブなどで使った場合、火災につながる危険があります。

出光興産では回収を進めていますが、20日午後4時現在、購入した客の半数近くの26人と連絡が取れていないということで、心当たりがある人は使用しないよう引き続き呼びかけています。