3連休 旅行や外出は感染リスク高まる行動控えて 観光庁

3連休 旅行や外出は感染リスク高まる行動控えて 観光庁
21日からの3連休を前に、観光庁は、大人数での長時間の飲食やマスクなしの会話など、新型コロナウイルスの感染のリスクが高まる行動を控えるよう改めて呼びかけました。
観光庁の蒲生篤実長官は20日の記者会見で、Go Toトラベルを継続していることについて「事業自体が感染拡大の要因になっていると言う方もいるが、エビデンス=証拠という意味では乏しいという方もいる。いずれにしても、この事業が感染拡大の要因になってはならない」と述べました。

そのうえで「長時間、大人数で飲食することや、マスクなしでの会話などで、特に団体旅行で、まとまった感染者がみられる」と述べ、旅行や外出をする際は、新型コロナウイルスの感染リスクが高まる行動を控えるよう、改めて呼びかけました。

イベント 急きょ無観客 オンラインで

新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受けて、21日からの3連休にイベントの開催を予定している人たちは、催しの見直しや感染症対策を強化するなどの対応に追われています。

このうち東京 渋谷区は、来年の東京パラリンピックへの機運を盛り上げようと、21日から2日間、障害がある人たちのファッションショーやダンスなどを披露するイベントを宮下公園で開く予定です。
区によりますと、イベントの感染症対策として、マスクの着用を呼びかけるほか、来場者に笑顔の子どもたちがプリントされた傘を配ってさしてもらうことで、ほかの人との距離を保ちながら観覧してもらおうと計画していました。

しかし、感染が急速に拡大していることから、急きょ、ステージでのイベントは無観客で行うことを決め、映像をライブ配信することにしました。

また、配るはずだった傘は、スタッフや出演者などの距離を保つために活用するとともに、ステージの前に置いて観客に見立て、ライブ配信を見る人たちに楽しい雰囲気を感じてもらおうと考えています。

渋谷区オリンピック・パラリンピック担当部長の安蔵邦彦さんは「観客を入れて実施したいと、いろいろと対策を考えましたが、感染者が増えてしまったので苦渋の判断をしました。ぜひオンラインでパフォーマンスを楽しんでほしい」と話しています。

入場者数制限し有料開催のイベントも

東京 渋谷区の代々木公園では21日から3日間、スペインの食文化などを紹介する交流イベントが開かれます。

スペイン関連の催しとしては国内最大規模で、去年は2日間でおよそ8万人が来場したということです。

新型コロナウイルスの感染拡大で、ことしは中止も検討されましたが、感染症対策を強化して実施することを決め、その財源として、これまで取っていなかった入場料を、18歳以上は1人当たり1ドリンク付きで1000円の有料とすることにしました。
対策としては、
▽入り口を1か所に絞って、検温や手指の消毒を徹底するほか、
▽歩いて通り抜けることで衣服や髪に付着したウイルスを除去できるとしている「除菌トンネル」を設置します。

また、
▽入場者数を1500人に制限するために、会場を柵で囲うほか、
▽会場内で密になったり、大人数で長時間滞留しないよう、呼びかけることにしています。

飲食店などで作る実行委員会の岩瀬大二さんは「感染対策を徹底するのはもちろんだが、たとえばフラメンコなら、大きな声を出すのではなく、足の運びや音をじっくり鑑賞するというように、文化や人との出会いを新しい形で楽しむきっかけにしてほしい」と話していました。