通勤で公用車不正使用 高速道路も無料で 警視庁警視を減給処分

通勤で公用車不正使用 高速道路も無料で 警視庁警視を減給処分
警視庁の62歳の警察官が、通勤で公用車を不正に使い、高速道路を50往復以上にわたって無料で利用していたとして減給の懲戒処分を受けました。「通勤の移動時間を短縮したかった」と話しているということです。
懲戒処分を受けたのは、警視庁の保安課に所属する62歳の男性警視です。

警視庁によりますと、警視は去年1月からことし4月にかけて台東区の職場から東京近郊の自宅までの通勤で公用車を不正に使い、高速道路を57往復にわたって無料で利用していたということです。

無料の通行券合わせて8万8000円分に加え、およそ3万円分のガソリン代も不正に使用していたということで、警視庁は20日、警視を減給3か月の懲戒処分にしました。

20日付けで依願退職したということです。

警視は電車通勤の手当を受け取っていましたが「通勤の移動時間を短縮したかった」などと話しているということです。

警視庁は「物品などの管理を徹底し、再発を防止したい」とコメントしています。