エベレスト中腹の村に柔道場完成 日本のNPO支援 ネパール

世界最高峰のエベレストの中腹にあるネパールの村に、日本のNPOの支援で柔道場が完成し、日本から運び込まれた真新しい畳の上で子どもたちが練習に取り組みました。

この柔道場は、柔道男子日本代表の井上康生監督が理事長を務めるNPOの支援で、富士山とほぼ同じ標高3790メートルにある、エベレスト中腹のネパールのクムジュン村の学校に完成しました。

今月12日、日本から贈られた畳50枚と柔道着50着が、首都カトマンズからトラックやヘリコプターを使って村まで運ばれ、車が通れない学校までの最後の細い道は、子どもたちが1枚10キロ以上ある畳を頭の上に乗せて運び入れました。
もともとパソコン教室だった場所に、畳を敷き詰めて柔道場が完成し、子どもたちは柔道着を着て、真新しい畳の上で早速、受け身などの練習に取り組んでいました。

男の子の1人は「練習を頑張りたいです」と話していました。

このNPOでは今後、指導者を日本から現地に派遣したり、ネパールから日本に招いたりして、柔道を通じた交流を深めていきたいとしています。