鳥インフルエンザ 新たに2養鶏場でウイルス検出 香川 三豊

鳥インフルエンザウイルスの検出が相次いでいる香川県三豊市で、新たに2つの養鶏場で高病原性とみられる鳥インフルエンザウイルスが検出されました。香川県は、この2つの養鶏場と人の行き来などがある近隣の養鶏場の合わせておよそ85万羽のニワトリの処分を進めています。

香川県によりますと、19日、三豊市の2つの養鶏場から「ニワトリがふだんより多く死んでいる」という連絡があり、詳しく検査をしたところ、いずれも高病原性とみられる鳥インフルエンザウイルスが検出されたということです。

これを受けて、香川県は20日午前、対策本部会議を開催し、養鶏場のニワトリの処分など、まん延防止の措置を徹底することを確認しました。

県は20日午前8時ごろから、2つの養鶏場と人や機材などの行き来がある近隣の養鶏場の合わせておよそ85万羽のニワトリについて、自衛隊の協力も得て処分を進めています。

2つの養鶏場は、これまでにウイルスが検出された市内の4か所の養鶏場からいずれも3キロ程度の範囲内にあり、今月5日から3回行ったPCR検査ではウイルスは検出されていませんでした。

県は今後、農林水産省とともに人や機材の往来などがなかったかなど詳しく調べることにしています。

香川県内で鳥インフルエンザウイルスが検出されたのは、今月に入って7例となりました。