関西2府4県 年末の帰省や会食でコロナ対策徹底を呼びかけ

新型コロナウイルスの感染者が急増する中、関西の2府4県などでつくる「関西広域連合」は、年末に向けて、人の移動や会食の機会が増えることから、大人数での会食に注意するなど対策を徹底するよう呼びかけました。

「関西広域連合」は19日、大阪市内で新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、連合長をつとめる兵庫県の井戸知事や和歌山県の仁坂知事らが出席しました。

そして関西でも感染者が急増する中、年末に向けて、帰省による人の移動や忘年会など会食の機会が増えるとして、「関西・年末感染防止徹底宣言」を採択しました。

このなかでは、マスクの着用や手洗いといった感染防止の基本を守ること、忘年会など飲酒を伴う懇親会や、大人数、長時間の飲食など感染リスクが高まる場面に注意し3密を避けること、年末年始の休暇を分散して取得することなどを呼びかけています。

終了後の記者会見で兵庫県の井戸知事は、「広域連合として注意を呼びかけていくが、移動の自粛まで呼びかけると交流が止まってしまう可能性がある。『第1波』の経験を考えれば、移動をしても問題がない部分もたくさんある」と述べ、府県域をまたいだ移動自粛の呼びかけは行わない考えを示しました。