防衛相 米海兵隊トップと会談 自衛隊との共同訓練で連携強化を

岸防衛大臣は、日本を訪れているアメリカ海兵隊トップのバーガー総司令官と会談し、自衛隊とアメリカ海兵隊の共同訓練などを通じて、両国の連携を強化していくことなどを確認しました。

会談で岸防衛大臣は「インド太平洋地域の安全保障環境は、厳しさを増す一方で、地域の平和と安定のために日米同盟が果たさなければならない役割も、これまでになく大きくなっている」と指摘しました。
これに対して、バーガー総司令官は「自由で開かれたインド太平洋を脅かすようなものには、日米同盟の強さをしっかりと見せながら対処をしていかなければいけない」と応じました。

そのうえで両氏は、東シナ海や南シナ海で海洋進出を強めている中国について意見を交わしたほか、自衛隊とアメリカ海兵隊の共同訓練などを通じて、両国の連携を強化していくことを確認しました。

さらに、沖縄県のアメリカ軍普天間基地について、名護市辺野古への移設が、基地の危険性を除去する唯一の解決策だとして、地元の協力を得ながら移設工事を着実に進めていくことを確認しました。