北陸新幹線 敦賀延伸開業遅れ 原因など調べる国の検証委初会合

北陸新幹線 敦賀延伸開業遅れ 原因など調べる国の検証委初会合
2023年春の開業が遅れる見通しとなった北陸新幹線の金沢と福井県の敦賀の区間について、遅れの原因などを調べる国の検証委員会の初会合が、17日に開かれ、12月上旬までに、専門家が工期を短縮する案などをまとめることになりました。
北陸新幹線の金沢と福井県の敦賀の区間は、2023年春の開業を目指してきましたが、国土交通省は11月、工事の遅れによって、当初より開業が1年半延期となることや、事業費も2880億円膨らむ見通しを示しました。

17日は土木工事の専門家や弁護士が、工事が遅れた原因などを調べる検証委員会の初会合が国土交通省で開かれ、座長を務める政策研究大学院大学の森地茂名誉教授が「開業の遅れは影響がとても大きく、建設を担当する鉄道・運輸機構は、説明責任を果たしてほしい」と指摘しました。

そして、検証委員会では今後、工事が難航している現場も視察したうえで、遅れの詳しい原因や、遅れを取り戻すための工期の短縮案などについて、12月上旬までに報告をまとめることになりました。

国土交通省は、検証委員会の報告を踏まえて、改めて与党や地元の自治体に開業時期などを示すことにしています。