野口さんの「クルードラゴン」 宇宙ステーションにドッキング

民間の宇宙船としては初めて運用段階に入った「クルードラゴン」の1号機は、日本人宇宙飛行士の野口聡一さんら4人を乗せて国際宇宙ステーションとのドッキングに成功し、野口さんたちは国際宇宙ステーションに乗り込んでおよそ6か月の長期滞在が始まりました。

アメリカの民間企業、「スペースX」の宇宙船、「クルードラゴン」の1号機は、日本人宇宙飛行士の野口聡一さんとアメリカ人宇宙飛行士、合わせて4人を乗せて日本時間の16日に打ち上げられ、国際宇宙ステーションに接近する手順を進めていました。

そして、打ち上げから27時間余り経過した17日午後1時すぎに国際宇宙ステーションとのドッキングに成功しました。

安全確認をしたうえでハッチが開けられ、野口さんたち4人の飛行士は宇宙ステーションに乗り込み、およそ6か月の長期滞在が始まりました。

「クルードラゴン」は、野口さんたちの長期滞在が終わるまで宇宙ステーションにドッキングした状態で飛行士が寝る場所などに使われ、野口さんたちは再びこの1号機に乗って地球に戻ることになっています。

「クルードラゴン」は民間の宇宙船としては初めて運用段階に入ったもので、今回の飛行は宇宙の商業利用が本格化する時代の始まりとして注目されていました。
宇宙飛行士の野口聡一さんはドッキングした直後の地上との交信の中で、「日本の皆様。無事に国際宇宙ステーションにドッキングしました。国際パートナーの一員として民間宇宙船のドッキング成功に立ち会えてとても幸せです。われわれ、レジリエンスのクルーは、訓練の間、そして打ち上がったあともさまざまな困難な状況に直面しましたが、『全集中』で乗り切ってきました。これから半年間の宇宙滞在も皆さんと感動を分かち合いましょう。オールフォアワン、クルーワン・フォアオール」と語りました。

過去最多7人の滞在で就寝用スペース足りず

国際宇宙ステーションには10月、ロシアの宇宙船「ソユーズ」で到着した、いずれもロシア人飛行士のセルゲイ・リジコフ氏、セルゲイ・クド・スベルチコフ氏と、アメリカ人飛行士のキャスリーン・ルビンズ氏の、合わせて3人が長期滞在を始めています。

野口聡一さんとアメリカ人宇宙飛行士の合わせて4人が到着したので、これまでで最も多い7人が宇宙ステーションで長期滞在することになります。

国際宇宙ステーションには就寝用のスペースが6個しかないため、7人のうち1人は「クルードラゴン」の中で寝る予定だということで、誰が「クルードラゴン」で寝るかは今後、決まるということです。

就寝用スペース

国際宇宙ステーションには、寝るときに使うスペースが6個あり、寝袋や着替えなど、個人の荷物のほか、空調設備や照明などが装備されています。

就寝用のスペースは、電話ボックスほどの大きさで、アメリカのモジュールに4個、ロシアのモジュールに2個あり、ロシアの個室には窓もあります。

日本人宇宙飛行士の油井亀美也さんは、2015年に国際宇宙ステーションで滞在したときに、個人のスペースで寝る方法を動画で紹介しています。

それによりますと、飛行士は自分の寝袋に入ってチャックを閉め、1か所だけ固定された状態で浮きながら寝るということです。

また、寝袋は両腕を出すことができるタイプで、このままで簡単な作業もできるということです。