新型コロナ 米カリフォルニア州で最高レベルの対策

アメリカでは新型コロナウイルスの1日当たりの新たな感染者が10万人を超える日が続き、西部カリフォルニア州はほとんどの地域で4段階の規制のうち最も高いレベルの対策をとるなど、各地で感染防止策を強化する動きが広がっています。

ジョンズ・ホプキンス大学のまとめによりますと、アメリカで15日に報告された1日当たりの新たな感染者は13万3045人で、10万人を超える日がおよそ2週間続き、特に西部や中西部などで増加しています。

こうした中、1日当たりの新たな感染者が9000人を超えた西部カリフォルニア州は16日、州のほとんどの地域で4段階の規制のうち最も高いレベルの対策をとると発表しました。

具体的には、職場はリモートワークとし、レストランやスポーツジムは屋外での営業に限るなどとしています。

ニューサム知事は記者会見で「州内の感染者はこの10日間、これまでで最も早いペースで増加している。8月以降、10月までは柔軟に対応しながら前進してきたが、今は後退する時だ」と述べ、理解を求めました。

一方、中西部では、イリノイ州のシカゴで16日から不要不急の外出の自粛を求める措置が始まったほか、ミシガン州では、高校と大学での対面授業を禁止する措置を18日から始めることを決めるなど、各地で感染防止策を強化する動きが広がっています。