医療機関や高齢者施設「感染者多い地域で一斉検査を」厚労相

医療機関や高齢者施設「感染者多い地域で一斉検査を」厚労相
k10012716201_202011171209_202011171211.mp4
新型コロナウイルスによる医療機関や高齢者施設でのクラスターの拡大を防ぐため、田村厚生労働大臣は、感染者が多く発生している地域などでは施設内で働く人のほか、入院・入所者、全員を対象にした一斉検査を定期的に行うよう呼びかけました。
全国で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、医療機関や高齢者施設でもクラスターの発生が相次いでいて、重症化リスクの高い高齢者などへの感染対策が大きな課題となっています。

こうした中、田村厚生労働大臣は閣議のあとの記者会見で、感染者の数が多かったりクラスターが発生したりしている地域では、医療機関や高齢者施設で働く人のほか、入院・入所者、全員を対象にした一斉検査を定期的に行うよう、17日、都道府県に対し、周知のための通知を行ったことを明らかにしました。

通知では、このほかの地域でも発熱などの症状が見られる場合は積極的に検査を受けるよう呼びかけていて、田村大臣は「医療施設や介護施設ではクラスターが多発している現状があるので、積極的に検査してほしい」と呼びかけました。