千葉県 新型コロナ 新たに77人感染確認 1日では2番目に多く

千葉県内で16日に発表された新型コロナウイルスの新たな感染者は77人で、千葉県で1日に発表された感染者数としてはこれまでで2番目に多くなりました。
これで県内で発表された感染者は、合わせて5843人となりました。

千葉市の特別養護老人ホームでクラスター

千葉市は、緑区の特別養護老人ホーム「誉田園」でこれまでに入所者と職員、合わせて38人の感染が確認され、感染者の集団=クラスターが発生したと発表しました。

千葉市によりますと、誉田園では職員2人の感染が確認されていたことから、濃厚接触者の検査を進めたところ、新たに50代から90代の入所者27人と職員9人の感染が確認されました。
感染者は合わせて38人となり、千葉市はクラスターが発生したと発表しました。

このうち20代の男性職員は今月5日からせきが出ていて、その後、発熱もありましたが、13日まで勤務するなど発症後も勤務していた職員が複数いたということです。

千葉市は、入所者が個室ではなく2人から4人の複数で部屋を利用していることや、パーテーションのない食堂で集まって食事をとっていたことが感染拡大につながったとみて、引き続き濃厚接触者の検査と感染経路の調査を進めることにしています。