トランプ大統領支持者 首都で大規模集会 近くでは抗議の集会も

アメリカ大統領選挙をめぐってトランプ大統領が法廷闘争を続ける中、首都ワシントンでは大統領の支持者による大規模な集会が開かれ、参加者らが選挙で不正が行われたと主張しました。一方、近くでは敗北を認めないトランプ大統領に抗議する集会も開かれ、衝突や混乱を防ぐため厳戒態勢が敷かれました。

アメリカ大統領選挙で、民主党のバイデン氏が勝利を宣言して1週間がたった14日、ワシントン中心部の広場で、トランプ大統領の支持者による大規模な集会が開かれました。

開始2時間ほど前には、トランプ大統領を乗せた車が近くを通り過ぎ、支持者らが歓声を上げる一幕もありました。

集会には1万人以上が参加したと見られ、「選挙結果を盗むのはやめろ」などと声をあげ、選挙で不正が行われたとして、トランプ陣営が続ける法廷闘争への支持を示していました。

東部ニュージャージー州から訪れた男性は「来月、結果が確定するまで選挙は終わらない。私たちは不正のない、公正な選挙を望んでいるだけだ」と話していました。

一方、近くでは敗北を認めないトランプ大統領に抗議する集会も開かれ、100人以上が「選挙で負けたんだ、帰れ」などと声を上げたのに対し、大統領の支持者たちが「あと4年」などと応じ、衝突や混乱を防ぐため警察官が間に入るなど、厳戒態勢が敷かれました。

トランプ大統領に抗議する男性は「トランプ大統領は早く負けを認めてホワイトハウスから去るべきだ」と話していました。