山口 上関町 本州と島結ぶ唯一の橋に段差 車が衝突 通行止めに

14日夜、山口県上関町にある橋の接続部分に段差ができて乗用車が衝突する事故がありました。この橋は本州と島を結ぶ唯一の橋ですが通行止めになり、町は渡し船を臨時に運航して交通手段を確保することにしています。

警察によりますと、14日午後8時ごろ、山口県上関町にある上関大橋で接続部分におよそ20センチの段差ができ乗用車が衝突しました。

乗用車に乗っていた男女2人が頭などを打って病院に搬送されたということです。

山口県などは、上関大橋を全面通行止めにして段差ができた原因を調べています。

上関大橋は51年前の昭和44年に開通した全長およそ220メートルの本州と1300人余りが住む長島を結ぶ唯一の橋です。

復旧のめどは立っていないということで、上関町は町民らを乗せる渡し船を臨時に運航して交通手段を確保することにしています。