坂田藤十郎さん死去 88歳 人間国宝 上方歌舞伎の第一人者

上方歌舞伎の第一人者として活躍した人間国宝で文化勲章を受章した歌舞伎俳優の坂田藤十郎さんが12日、老衰のため亡くなりました。88歳でした。

坂田藤十郎さんは昭和6年に二代目中村鴈治郎の長男として京都市で生まれ、9歳の時に中村扇雀の名前で初舞台を踏み、平成2年には、三代目中村鴈治郎を襲名し、上方歌舞伎特有のしっとりとした演技「和事(わごと)」の第一人者として活躍しました。

平成17年には、231年ぶりに上方歌舞伎の大名跡坂田藤十郎を復活させて四代目を襲名し、近松門左衛門の作品を中心に舞台を務めてきたほか、アメリカやロシア、中国など海外公演にも熱心に取り組み、歌舞伎を世界に広く紹介しました。

平成6年に人間国宝に認定されたほか、平成15年に文化功労者に選ばれ、平成21年には文化勲章を受章しています。

藤十郎さんは去年12月に京都の南座での顔見世興行、「祇園祭礼信仰記 金閣寺」が最後の舞台となり、ことしは舞台にあがっていませんでした。

松竹によりますと、藤十郎さんは12日、都内の病院で老衰のため亡くなりました。88歳でした。

葬儀は親族のみで執り行ったということで、お別れの会などの予定は決まっていないということです。

妻の扇千景さん「芝居一筋の人」

坂田藤十郎さんが亡くなったことについて、妻の扇千景さんはNHKの取材に対し、「まるで眠っているように亡くなりました。10歳から去年12月の87歳まで一度も休演したことがなく、役者のために生まれて役者として死ぬ生涯でした。『曽根崎心中』という当たり芸もでき、いろいろな役をやらせていただき、本当にありがたいことでした。昭和33年に結婚し、62年間になりますが、怒ることがなく、人の悪口も言わず、“芝居一筋”で、ほかのことは何もできない人でした。役者のために生まれた人と結婚しましたが、私が政界に30年いた間もとても協力してくれました。こうして2人で62年もいられたことは、本当に縁だと思います」と話していました。

長男の鴈治郎さん 次男の扇雀さん「父はスター」

坂田藤十郎さんの長男、中村鴈治郎さんは「最後まで若々しく、ずっとスターでいたのを目の前で体感させてくれた人です。そしてそのままスターのままで逝ってしまいました。家の中でも親父という印象ではなかったです。世界中で一番お袋が親父のファンだったと思います」とコメントしています。

また次男の中村扇雀さんは「子どものころから父はスター街道をひた走っていました。そして自分の芸のことにはとても厳しく、自分の芸を高めていくことに人生をささげていて、その背中をずっと見続けてきました。『一生青春』をモットーに、息子も孫もライバルに思っている人でした。そして最期は苦しむことなく安らかに眠りました」とコメントしています。

片岡仁左衛門さん「心の支えのような存在」

同じ上方の歌舞伎俳優として共演するなど親交が深かった片岡仁左衛門さんは「私も先ほど悲報を知ったばかりでことばが出てきません。われわれのような関西出身の歌舞伎俳優の旗頭で心の支えのような存在でしたので、非常にさみしく、残念に思います」とコメントしました。

そのうえで「大阪のにおいというのが体に染みついている方で、昔のすばらしい大先輩の芸を盗んで吸収し、アレンジした独特の雰囲気はわれわれにはまねできないものだった。これまで兄さんが頑張ってくれたように、関西歌舞伎の芸を残すことに尽力していきたい」と話していました。

古典演劇の評論家「ほかに例を見ない歌舞伎俳優」

歌舞伎などの古典演劇の評論家で、坂田藤十郎さんと個人的な交流もあった水落潔さんは、「突然の悲報で本当に驚きました。その芸の幅の広さと、独自の世界を切り開いていくことでは、ほかに例を見ない歌舞伎俳優だった。やるべき仕事はすべてやり終え、思い残すことはなかったのではないかと思います」と話しています。

ファンから死を悼む声

亡くなったことが伝えられて、一夜明けた15日、東京・銀座の歌舞伎座ではファンから藤十郎さんの死を悼む声が聞かれました。

岐阜県から来た60代の女性は、「若い方へのまなざしや接し方などを見てお優しい方だなという印象を持っていました。まだまだこれからも活躍されると思っていたので、とても残念です」と話していました。

また藤十郎さんのファンだという京都の70代の女性は、「藤十郎さんは舞台に出るだけではんなりとした雰囲気を出せる役者さんで、歌舞伎界の柱のような存在だったと思います。関西の歌舞伎ファンとしては本当にさびしい思いです」と惜しんでいました。

夫婦で歌舞伎座に来た東京の50代の男性は「去年12月の舞台も拝見し、また次の舞台も見たいと思っていたので、大変残念です。歌舞伎界にとってとても大きなものを失ったという思いです。よい時も悪い時も長年、上方歌舞伎を支えてこられて大変お疲れだと思いますので、ゆっくり休んでいただきたいです」と話していました。

まねき看板 書家「今後 名前を書けないと思うと残念」

人間国宝で歌舞伎役者の坂田藤十郎さんが亡くなったことについて、歌舞伎を支える関係者からも惜しむ声が聞かれました。

京都 南座で行われる年末恒例の歌舞伎の顔見世興行では、出演者を紹介する「まねき」と呼ばれる看板が掲げられます。

京都市の書家の井上優さん(75)は平成26年からまねき看板を書いていて、ことしもおよそ40枚を書き上げる予定です。

まねき看板は江戸時代の芝居小屋から続く伝統的な宣伝方法で、客の大入りを願って、「勘亭流」という独特の書体を使って、丸みを帯びた文字で隙間なく書かれます。

看板役者の坂田藤十郎の名前を書き込むのは毎回、最後となっていて、いつも特別な緊張感を持って、筆を入れていたといいます。

井上さんは「藤十郎さんの名前を書いて毎年、まねき看板を書き上がったということにしていました。ことしは体調が優れないのでお休みされると聞いていましたが、亡くなられたと聞いて寂しいです」と話していました。

その上で、「関西の歌舞伎の大御所でもあったし、京都出身でなじみのある役者さんでした。今後、藤十郎の名前を書けないと思うと、残念です」と述べて、上方歌舞伎の第一人者の死を悼んでいました。

いきつけのそば屋「また来てほしかった」

京都 南座の近くで、坂田藤十郎さんがいきつけだったというそば屋、「権兵衛」の味舌衣久子さんは、「40年ほど前からちょくちょくいらっしゃって、きつねうどんや鳥南蛮うどんを召し上がっていました。柔らかい物腰で、『ごちそうさまでした』と言ってくれたのを思い出します。また来てほしかったですが、それもかなわず寂しいです」と話していました。

大阪松竹座前 ファンの女性「また素敵な人が亡くなった」

坂田藤十郎さんがたびたび出演していた大阪松竹座の前では惜しむ声が聞かれました。

60代の女性は「ベテランの役者がどんどん亡くなっていくのはさみしいです。88歳で亡くなるのは今の時代では少し早いと思います」と話していました。

歌舞伎ファンの50代の女性は「また素敵な人が亡くなってしまったと残念な気持ちでいっぱいです。人間国宝で雲の上の存在だと思っていましたが、本当に雲の上に行ってしまったんだなあとさみしい思いです。日本の文化をもっともっと私たちが受け継いでいかないといけないと感じています」と話していました。