傷害致死の罪で起訴の母親 男児の虐待 スマホで撮影 福岡 中間

傷害致死の罪で起訴の母親 男児の虐待 スマホで撮影 福岡 中間
福岡県中間市で、3歳の男の子が頭を殴られ死亡した事件で、傷害致死の罪で起訴された母親が、骨折させた男の子を無理やり歩かせようとする様子をスマートフォンで撮影し、父親に送信するなどしていたことが捜査関係者への取材で分かりました。
福岡県中間市の住宅で、ことし8月、3歳の末益愛翔くんが頭を殴られ死亡した事件で、父親の末益涼雅被告(23)と母親の歩被告(23)の夫婦が暴行を加えて死亡させたとして傷害致死の罪で起訴されました。

夫婦は、愛翔くんを突き飛ばして足蹴りしたり、体を何度も殴って骨折させたりした傷害の罪のほか、ペットのトイレ用の砂を口に入れたり、まぶたにセロハンテープを貼ったりしたとして暴行の罪でも起訴されています。

さらに、妻の歩被告は、スマートフォンで虐待の様子などを撮影し、SNSを通じて写真や動画を夫の涼雅被告に送信していたことが捜査関係者への取材で分かりました。

この中には、愛翔くんに暴行を加えて骨折させながら、「立て!歩け!」などとしかり、愛翔くんが下半身を押さえて痛みを訴えながら、よろよろと歩こうとする動画も含まれていたということです。

警察は、夫婦がスマートフォンで指示や報告をしながら虐待を繰り返していたとみて実態を捜査しています。