東京都のコロナ追加補正予算案 総額2300億円規模に 小池知事

東京都の小池知事は、都庁で記者団に対し、新型コロナウイルス対策で編成する都の追加の補正予算案について、年末年始も診療を行う医療機関への協力金の支給などを盛り込んで、総額が2300億円規模になると明らかにしました。

この中で、小池知事は、今月末に開かれる予定の都議会の定例会に提出する、新型コロナウイルス対策を盛り込んだ都の追加の補正予算案の大枠を明らかにしました。

医療提供体制の充実を図るため年末年始も診療を行う医療機関に協力金を支給する経費として30億円を計上するほか、中小企業への融資枠の引き上げなどを盛り込んで、総額は2300億円規模になるということです。

小池知事は「年末年始の新型コロナウイルス対策に万全を期す」と述べました。