パナソニック 津賀社長が会長 楠見常務が社長昇格 社名も変更

パナソニックは、2012年からトップを務める津賀一宏社長が来年6月に会長に就任する人事を内定しました。また、再来年4月には持ち株会社に移行し、社名を「パナソニックホールディングス」に変更することも決めました。

パナソニックは13日、取締役会を開いて、来年6月24日付けで2012年からトップを務めている津賀一宏社長が会長に就任し、後任に楠見雄規常務が昇格する人事を内定しました。
この人事は来年6月の株主総会で正式に決定され、経営トップが交代するのは9年ぶりとなります。

また、再来年4月に持ち株会社に移行し、社名を「パナソニックホールディングス」に変更することも併せて決めました。

津賀社長はプラズマテレビや液晶パネル事業、それに半導体事業といった不採算部門からの撤退を相次いで打ち出し、構造改革に取り組んできました。

しかし、ことし9月までの半年間のグループ全体の決算は新型コロナウイルスなどの影響で最終的な利益が前の年の同じ時期より大幅に減少していました。

新型コロナウイルスの影響で景気の先行きが不透明な状況が続く中、経営トップの交代と組織改革によって経営の強化を図れるかが問われることになります。

来年6月で、社長が交代することを発表したパナソニックは、大阪市内のホテルで記者会見を開きました。

この中で、社長を来年退くことになった津賀一宏社長は、バトンを渡す楠見雄規常務について「彼は、現場に密着するねちっこさがあり、私にないものをたくさんもっている」と述べました。

また、来年社長に就任する楠見常務は、「パナソニックの課題として、まだまだ低収益な事業がある。競合他社と比べて、社会への貢献度やスピードにおいて、負けている部分があると考えるべきであり、それぞれの事業にいかに競争力をつけるかを考えていきたい」と述べました。