ホワイトタイガー3つ子の赤ちゃん 公開始まる 静岡 東伊豆町

先月生まれたホワイトタイガーの3つ子の展示が静岡県東伊豆町の動物園で13日から始まり、愛くるしい姿をみせています。

東伊豆町にある伊豆アニマルキングダムでは、先月、ベンガルトラの突然変異ホワイトタイガーの3つ子の赤ちゃんが生まれ、13日から展示場での公開が始まりました。

公開は午前10時から始まり、3頭の赤ちゃんは展示場によちよちとした足取りで登場しました。

最初は初めて見る外の様子にきょろきょろと落ち着かない様子でしたが、しばらくすると赤ちゃんたちは母親の近くを元気に動き回っていました。

生まれた当時赤ちゃんの体重は1300グラムほどでしたが、1か月がたちおよそ4倍に成長したということです。

訪れた人たちは今しか見られない赤ちゃんの愛くるしい姿に笑顔を見せていました。

神奈川県から来たという50代の女性は「よちよち歩きのかわいらしい様子が見られてよかったです」と話していました。

飼育員の小川恵実さんは「見ていただいた方が笑顔になってくれたので3頭の赤ちゃんも明るい存在になってほしいと思います」と話していました。

動物園では赤ちゃんの様子を見守りながら公開を続けることにしています。