選択的夫婦別姓制度で答申 女性活躍相「重く受け止める」

「選択的夫婦別姓」の制度の導入をめぐり、踏み込んだ議論を期待するとした政府の会議の答申について、橋本女性活躍担当大臣は重く受け止めるとしたうえで、各党の考え方も踏まえ「男女共同参画基本計画」を策定する考えを示しました。

新しい「男女共同参画基本計画」の策定に向けて、政府の男女共同参画会議は、夫婦が希望すれば結婚前の姓を名乗れる「選択的夫婦別姓」の制度の導入について、国会の動向などを注視しながら検討を進め、踏み込んだ議論を期待するとした答申をまとめました。

これについて、橋本女性活躍担当大臣は閣議のあとの記者会見で「重く受け止めている。婚姻前の氏を使えないことが婚姻後の支障になっているという意見が若い世代から多数寄せられており、少子高齢化を食い止めるため、配慮する必要がある」と述べました。

そのうえで「各党の考え方を聴きながら、議論を着実に進めていきたい」と述べ、答申や各党の考え方を踏まえ基本計画を策定する考えを示しました。