ノーベル物理学賞受賞の小柴昌俊さん死去 94歳

物質のもとになる素粒子の1つ「ニュートリノ」の観測に成功し、「ニュートリノ天文学」という新しい分野を切り開いたとしてノーベル物理学賞を受賞した、東京大学特別栄誉教授の小柴昌俊さんが、12日夜、老衰のため都内の病院で亡くなりました。
94歳でした。

小柴さんは愛知県豊橋市の出身で、東京大学理学部を卒業したあと、昭和62年まで東京大学理学部の教授を務め、この間に、岐阜県の神岡鉱山の地下に観測施設「カミオカンデ」を設置し、ニュートリノという物質のもとになる素粒子の1つを観測することに世界で初めて成功しました。
小柴さんの業績は「ニュートリノ天文学」という新しい分野を切り開くものとなり、平成14年にノーベル物理学賞を受賞しました。

小柴さんは、基礎科学の振興に役立てたいと、ノーベル賞の賞金などをもとに平成基礎科学財団を設立し、高校生や大学生を対象にした「楽しむ科学教室」を全国各地で100回余り開催しました。

また、小柴さんの教え子で東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長は、小柴さんが観測に成功したニュートリノに質量があることを、「カミオカンデ」の後継施設である「スーパーカミオカンデ」で発見し、平成27年にノーベル物理学賞を受賞しています。

さらに「スーパーカミオカンデ」の後継施設となる「ハイパーカミオカンデ」の建設も進んでいて、日本の素粒子研究が世界の先頭を進む土台を築いたという功績も高く評価されています。

家族によりますと「家族にみとられて最期を迎えました。近親者で葬儀を行う予定で、今後落ち着いたところでこれからの予定などを公表したいと思っています」と話しています。

長男「人に恵まれた人生」

小柴さんの長男の俊さんは12日、小柴さんが入院している病院から連絡を受けて駆けつけたということです。

小柴さんはことしの初めに呼吸がしづらくなって体調が悪化し、酸素を吸入する治療を受けていたということです。

そして、家族や親戚が見守る中、息をひきとったということです。

どんな父親だったかと尋ねられた俊さんは、「研究や仕事、それに勉強に関しては厳しかったです。一方ではさみしがり屋というか、波長が合った人にはやさしくて、『親分』と呼ぶ人もいて、親しみを感じた方も多くいたと思います」と振り返りました。

俊さんは香川大学の教授をしていて、小柴さんから研究のおもしろさを教えてもらい、みずからも研究者になることを志したということで、「分からないことを一生懸命に研究していくと、予想していないおもしろい結果が出るという、自然科学のおもしろさを父が教えてくれました。父がいなければ、私も研究者にはなりませんでした。その点でも、とてもありがたい存在です」と話していました。

そのうえで、亡くなった今、小柴さんにどんなことばをかけたいか尋ねると「いい人に巡り会って、いい人に助けられ、小児まひで苦労したかもしれないが、人生の後半はとても恵まれたと思います。いいお弟子さんや引っ張ってくれた先輩方がいたからこそ、よい結果が出せたのだと感じます。個人の力もあるけれども、周りの人に助けられた部分はとてもあると思います。94年間、ご苦労さまでした」と話していました。

ノーベル物理学賞の梶田隆章さん「思い受け継ぐ」

小柴さんの研究室で学び、同じくノーベル物理学賞を受賞した、東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長は、「昨夜、小柴先生が亡くなられたと連絡があり、本当にショックでした。とても怖く頑固なところもありましたが、研究を離れれば優しい先生でした」と話しています。

去年12月に開かれた研究室のOB会のパーティーで会ったのが最後で、元気な姿を見せていたということです。

そして、さまざまなことを小柴さんから教わったとしたうえで、「研究者としてどうあるべきか、背中で教えてくれました。いちばんは、これだと思ったら、ふらふらせずに突き進むという研究姿勢でした。小柴先生は先見の明があり、ニュートリノが重要だと認識していて、突き進んでいました。私も先生が敷いたレールをそのまま進んでいったことで、研究が発展し、ノーベル賞につながっていたと思います」と振り返っていました。

小柴さんはよく「夢の大切さ」について語っていたということで、「小柴先生の研究室から有能な研究者がたくさん排出されています。それは、夢を持ち続ける大切さを研究室で示し続けていたからだと思います。先生がいたおかげで、今の自分があります。私もこれから夢を持ち続けていきたいですし、ニュートリノが宇宙の理解に重要だという、先生が語ってくれた夢を、今後もしっかりと、思いを受け継いで、小柴先生がひらいたニュートリノ研究を前に進めていきたい」と力強く話していました。

ノーベル物理学賞の小林誠さん「残念な思いでいっぱい」

同じ「素粒子物理学」の研究者で平成20年に素粒子の理論でノーベル物理学賞を受賞した、高エネルギー加速器研究機構の小林誠特別栄誉教授は「体調がすぐれないとは伺っており、心配していましたが、突然のことで驚いています。たいへん親しくしていただいていましたので、残念な思いでいっぱいです」とコメントを出しました。

元助手 西嶋恭司さん「頑固だが尊敬できる先生」

小柴さんの研究室の助手として、平成2年からおよそ3年間、カミオカンデでニュートリノの共同研究を行った、東海大学理学部の西嶋恭司教授は「亡くなったと聞いて、とてもショックです。研究では妥協を許さず、仕事にとても厳しい反面、お孫さんの話といった仕事以外の話になると、とたんに優しいおじいさんになるというギャップが印象的でした。少し怖くて近寄りがたいほど頑固でしたが、本当に尊敬できる先生でした」と話しました。

世界初「ニュートリノ」観測など 小柴さんの業績は

小柴さんは宇宙の成り立ちなどを明らかにする「素粒子物理学」の第一人者で、理論を観測で証明することで高い業績をあげ、日本の素粒子研究が世界の先頭を進む土台を築いたと高く評価されています。

小柴さんは岐阜県の神岡鉱山の地下に観測施設「カミオカンデ」を設置し、1987年重い星が一生を終える時に起こす大爆発・超新星爆発によって放出された「ニュートリノ」と呼ばれる物質を構成する最も基本的な粒子をとらえることに成功しました。

ニュートリノは極めて小さく観測が難しい素粒子ですが、小柴さんは巨大なタンクに水を入れ、ニュートリノが水素や酸素の原子核に衝突したときに出るごく弱い光を高感度のセンサーで検出しました。

そして、ニュートリノが飛んできた方向や時刻などを正確に把握することに世界で初めて成功し、天文学の中に、ニュートリノの観測を通して星の進化や銀河の誕生のメカニズムなどを探ろうとする「ニュートリノ天文学」を誕生させました。

今ではニュートリノは宇宙論などの研究に欠かせないものとなっています。

また、小柴さんの「一番弟子」とされた教え子の戸塚洋二さんは、小柴さんのあとを継いで研究をさらに進め、「カミオカンデ」の規模を大きくした「スーパーカミオカンデ」を建設し、「ニュートリノ」に質量があることを世界で初めて突き止め、1998年に発表してそれまでの定説を覆しました。

この研究チームで中心メンバーとして活躍した梶田隆章さんは、こうした業績が高く評価されて2015年にノーベル物理学賞を受賞しています。

小柴さんの研究への情熱と鋭い洞察力に加え、抜群の指導力と企画力は、高い業績を生み出しただけでなく、優秀な研究者も多く輩出し、教育者としても高く評価され、日本の素粒子研究が世界の先頭を進む土台を築きました。