菅首相 皇位の男系継承 “続いてきた重み踏まえて慎重に検討”

安定的な皇位継承の確保をめぐり、菅総理大臣は超党派の議員連盟と会談し、「これまで述べてきた考えに全く変更はない」と述べ、男系による継承が続いてきた重みを踏まえて慎重に検討するとした考えを重ねて示しました。

皇位継承に伴う一連の式典の最後にあたる「立皇嗣(りっこうし)の礼」が今月8日に行われたことを受けて、政府は、安定的な皇位継承の確保などの課題について議論に入ることにしています。

こうした中、自民党や日本維新の会などの保守系議員でつくる超党派の議員連盟は、総理大臣官邸で菅総理大臣と会談し、男系による継承を維持し、旧宮家の男子が皇族に復帰できるようにすることなどを求める提言を手渡しました。

これに対し、菅総理大臣は「これまで述べてきた考えに全く変更はない」と述べ、男系による継承が続いてきた重みを踏まえて慎重に検討するとした考えを重ねて示したうえで、「立法府の中でも議論を促進してもらいたい」と述べました。

議員連盟の会長を務める自民党の古屋元国家公安委員長は記者団に対し、「皇位を男系で引き継いできた重い歴史を踏まえつつ、立法府としても丁寧に慎重に議論を進めたい」と述べました。