埼玉県 新型コロナ 過去最多116人の感染確認 県内計6476人に

埼玉県内では、11日、新たに116人が新型コロナウイルスに感染していたことが確認されたと発表され、1日の感染者としては、11月6日の114人を上回り、これまでで最も多くなりました。

▽埼玉県が発表したのは79人、
▽さいたま市が16人、
▽越谷市が9人、
▽川口市と川越市がそれぞれ6人となっています。

県によりますと、いずれも集団感染が確認されている熊谷市のバー、「フガール」の利用客5人、それに朝霞市の介護付き有料老人ホーム「SOMPOケアラヴィーレ朝霞」で職員2人の感染が新たに確認されました。

また、越谷市によりますと、11日発表した9人の感染者のうち6人は市内のデイサービスの従業員と利用者だということです。

この施設では、11日までに合わせて10人の感染が確認され、市では、感染者集団=クラスターが発生したとして、従業員や利用者の検査を進めるなど詳しく調べています。

また、さいたま市によりますと、クラスターが発生している大宮区の繁華街にあるキャバクラ、「ClubL uxe」の従業員1人の感染が新たに確認され、この店に関係する感染者は7人となりました。

川口市では、市立小学校の教職員1人の感染が確認され、12日から臨時休校とするということです。

これで、県内で感染が発表されたのは合わせて6476人になりました。

県は、1日の感染者数が過去最多となったことについて、「大きなクラスターで一気に増えたわけではなく徐々に増えているのでこわい状況だと見ている。特に高齢者施設関係者の感染が多いので、施設には注意を促し、警戒していきたい」としています。