ホンダ 世界初 自動運転「レベル3」機能搭載車 実用化へ

ホンダ 世界初 自動運転「レベル3」機能搭載車 実用化へ
k10012705771_202011111922_202011111923.mp4
大手自動車メーカーのホンダは、「レベル3」と呼ばれる高度な自動運転の機能を搭載した乗用車を、今年度中に販売することになりました。高速道路など一定の条件のもとですべての操作をシステムに任せるレベル3の実用化は、世界で初めてです。
自動運転は機能によってレベル1からレベル5まで5段階に分かれ、最近多くの車に搭載されている自動ブレーキや車線をはみ出さずに走る機能はレベル1や2とされています。

さらに1段階高度なレベル3は、一定の条件のもとであればハンドルやブレーキなどすべての運転操作をシステムに任せることが可能になる機能ですが、車の販売は実現していません。

こうした中、ホンダはレベル3のシステムを搭載した乗用車の「レジェンド」が安全基準を満たしているとして、国土交通省から「型式認証」を取得しました。
高速道路が渋滞しているか渋滞に近い状態で、速度50キロ以下で走行している場合などが条件となっていて、ホンダは今年度中に販売に乗り出す方針です。

国土交通省によりますと、レベル3の車の実用化は世界で初めてだということです。

自動運転は自動車メーカーだけでなくIT企業なども参入して世界的に開発競争が激しくなっていますが、レベル3の実用化で一層の普及に向けて大きく前進することになります。

自動運転の「レベル」とは

自動運転は機能や技術の水準によってレベル1からレベル5までの5段階に分かれています。
▽レベル1は、自動ブレーキや車線をはみ出さずに走行する機能。

▽レベル2は、追い越しを自動で行う機能などで、最近販売される車に搭載されるようになっています。

▽これに対してレベル3は、一定の条件のもとでハンドルの操作や加速、減速などをシステムに任せることができる機能です。

高速道路で渋滞中に速度を落として走行している場合などが想定されていて、不測の事態が起きたときはドライバーがすぐ運転できるよう備える必要があります。

レベル1やレベル2はドライバーの運転をサポートする役割を持っているのに対し、レベル3からはシステムがドライバーの代わりに周囲の状況を把握し操作する要素が増え、求められる技術の水準は一段と高くなります。

レベル4やレベル5は、常にシステムがすべての操作を行う完全な自動運転です。

▽場所などを限定するのがレベル4、
▽場所などを限定しないのがレベル5で、政府は2025年をめどに高速道路でレベル4の実用化を目指しています。

日本では、東京オリンピック・パラリンピックも見据え、ことし道路運送車両法など関連する法律を改正し、世界に先駆けてレベル3の機能に関する安全基準がつくられました。

今回ホンダはこの新しい基準をクリアし、世界で初めてレベル3の車の販売が実現することになりました。

自動運転の開発競争は

今回、世界で初めてホンダが実用化する「レベル3」をめぐっては、トヨタ自動車や日産自動車も実用化の具体的な時期は掲げていないものの、開発を進めています。

海外メーカーではドイツのアウディはレベル3の機能がついた車を開発していますが、安全基準に関する法律がまだ整備されておらず、一般向けの販売に必要な型式認証はまだ得られていません。

またドイツのBMWや中国の吉利自動車が来年にレベル3の車の量産を始める計画を発表しているほか、アメリカのテスラなど多くのメーカーが開発に乗り出し、競争が激しくなっています。

一方、AI=人工知能や膨大なデータの処理技術に強みを持つIT企業もレベル4やレベル5の実現を目指しています。

グーグルのグループ会社「ウェイモ」は、アリゾナ州でエリアを限定したうえで自動運転の車の配車サービスを始めたほか、「アップル」や配車大手の「ウーバー」も技術の開発に乗り出しています。

中国のIT企業「百度」や配車サービスを手がける「滴滴」がレベル4以上を目指して試験走行を行っています。

ただ、おととし、アメリカでウーバーの車が自動運転の試験走行中に歩行者をはねて死亡させる事故が起きています。

自動運転は開発が急速に進む一方、安全性の確保が課題となっています。

専門家「非常に大きな第一歩」

自動車産業に詳しい、みずほ情報総研の西村和真チーフコンサルタントは「一部ではあるが、ドライバーに代わってシステムが運転してくれる状態になるため、『これぞ自動運転』という機能だ。自動運転の分野では、非常に大きな第一歩だと思う」と述べました。

さらに「システムとドライバーの役割をすみ分けながら、安全に運転することが求められる。システムを過信しすぎずに対応しなければならないという理解がきちんと広まるかが普及のポイントになる」と話していました。

一方、今後の課題については「レベル3と何か起きてもシステムが運転に対応するレベル4との間には、技術的に大きなハードルがある。法規制の課題も残っていて、ひとつひとつ解決していく必要がある」と述べ、安全面や事故が起きた時の責任は誰にあるかといった問題などルールの検討も急ぐべきだという考えを示しました。