日経平均株価 2万5000円台に上昇 1991年以来29年ぶり

10日の東京株式市場、日経平均株価は、取り引き時間中として、29年ぶりに2万5000円台に上昇しています。新型コロナウイルスのワクチン開発への期待などから、9日のニューヨーク市場でダウ平均株価が大きく上昇した流れを引き継ぐ形となっています。

日経平均株価、午前の終値は、9日の終値より268円37銭高い2万5108円21銭と、1991年11月以来、29年ぶりに2万5000円台に上昇しています。

値上がり幅は、一時400円を超える場面もありました。

▽東証株価指数=トピックスは、28.10上がって710.00。

▽午前の出来高は、10億8725万株でした。

9日のニューヨーク市場では、アメリカ大統領選挙でバイデン前副大統領が勝利を宣言したことや、新型コロナウイルスのワクチン開発への期待から、ダウ平均株価が取り引き時間中の最高値を更新しました。

東京市場でも、この流れを引き継ぐ形で、多くの銘柄に買い注文が出ています。

ただ、日経平均株価は、今月に入ってから値上がりが続き、10日午前までの値上がり幅は2000円を超えています。

市場関係者は「日本経済は依然、厳しい状況で、再び急速な感染拡大も懸念されている。このところの株価の上昇が景気の実態とかい離していないか、注意して見ていく必要がある」と話しています。

証券会社「米大統領選などで口座の新規開設数も増加」

日経平均株価が2万5000円台を回復するなど、このところの株価の上昇を受け、東京都内の証券会社では、次々と入る顧客からの問い合わせに慌ただしく対応していました。

東京・大手町にあるネット証券会社の「auカブコム証券」では、取り引きが始まる午前9時前から担当者が、個人投資家から次々と入る電話での問い合わせに対応していました。

この会社ではここ数日、取り扱った株の売買代金がふだんの1.3倍程度に増えているということです。

auカブコム証券の安藤大輔企画グループ長は「アメリカ大統領選挙という注目を集めるイベントがあったことで、口座の新規開設数も増加するなど、多くの関心が寄せられている。このところの株価の上昇を見て、今からでも遅くないと考える投資家もある程度いるのではないか」と話していました。