立皇嗣の礼行われる 皇位継承に伴う一連の国の儀式すべて終了

秋篠宮さまが皇位継承順位1位の「皇嗣」となられたことを広く内外に伝える「立皇嗣の礼(りっこうしのれい)」が、8日、皇居・宮殿で行われ、皇位継承に伴う一連の国の儀式がすべて終わりました。

8日は、午前11時すぎから皇居・宮殿の「松の間」で、「立皇嗣の礼」の中心となる「立皇嗣宣明(せんめい)の儀」が行われました。

儀式には、天皇皇后両陛下と秋篠宮ご夫妻のほか、9人の皇族方が参列され、内閣総理大臣など三権の長や外国の大使の代表など46人も正装で臨みました。

はじめに天皇陛下が、「皇室典範の定めるところにより文仁親王が皇嗣であることを、広く内外に宣明します」とおことばを述べられました。
続いて、秋篠宮さまが、紀子さまとともに天皇陛下の前に進み、「皇嗣としての責務に深く思いを致し、務めを果たしてまいりたく存じます」と決意表明にあたるおことばを述べられました。
このあと、菅総理大臣が「寿詞(よごと)」と呼ばれるお祝いのことばを述べました。
そして、午後4時半すぎから「朝見の儀」が行われ、秋篠宮さまが紀子さまとともに天皇陛下の前に進み、「本日は、立皇嗣宣明の儀をあげていただき、誠に畏れ入りました。皇嗣としての務めを果たすべく、これからも、力を尽くしてまいりたく存じます」とお礼のことばを述べられました。
続いて、天皇陛下が秋篠宮ご夫妻に「これまでに培ってきたものを十分にいかし、国民の期待に応え、皇嗣としての務めを立派に果たしていかれるよう願っています」とおことばを贈られました。

このあと、天皇皇后両陛下が、秋篠宮さま、紀子さまの順に、それぞれさかずきを授けられるなどして儀式が終わりました。

これで、去年4月の「退位礼正殿の儀」から始まった上皇さまから天皇陛下への皇位継承に伴う一連の国の儀式がすべて終わりました。
秋篠宮ご夫妻は、儀式を終えると宮殿の車寄せから車に乗り込み、「立皇嗣の礼」の終了を報告するため、東京・港区にある上皇ご夫妻の仮住まい先に向かわれました。

皇居の乾門前の沿道には、20人余りの人たちが待ち構えていて、秋篠宮ご夫妻は、窓を開け会釈をするなどしてこたえられていました。

天皇皇后両陛下や秋篠宮ご夫妻 皇室の関連行事にも

天皇皇后両陛下と秋篠宮ご夫妻は、8日、「立皇嗣の礼」の2つの儀式のほか、関連する皇室の行事などにも臨まれました。

天皇陛下は、午前中、皇居の宮中三殿で皇室の祖先や神々に「立皇嗣の礼」を行うことを伝える儀式に臨まれ、皇后さまもあとに続かれました。

そして、皇居・宮殿で、「立皇嗣の礼」の中心的な儀式、「立皇嗣宣明の儀」が終わると、天皇陛下が、歴代の皇太子に伝わる「壺切御剣(つぼきりぎょけん)」と呼ばれる守り刀を秋篠宮さまに授けられました。
このあと秋篠宮さまは、「壺切御剣」を携えて、2頭びきの馬車で宮殿を出発し、宮中三殿に向かわれました。
この馬車が使われたのは、平成3年の天皇陛下の「立太子の礼」の時以来、およそ30年ぶりです。
秋篠宮さまは、紀子さまとともに、宮中三殿で皇嗣となったことなどを伝える儀式に臨み、皇嗣として初めて3つの殿舎にあがって拝礼されました。

一方、秋篠宮ご夫妻が三重県の伊勢神宮などに参拝される行事については、新型コロナウイルスの影響で、当分の間、延期されることになっていて、これらの行事も終わると皇位継承に伴う一連の儀式や行事がすべて終わることになります。

御厨貴東大名誉教授 皇位継承について国民的議論を

8日の「立皇嗣の礼」で、上皇さまから天皇陛下への皇位継承に伴う一連の国の儀式がすべて終わりました。

上皇さまの退位に向けた政府の有識者会議で座長代理を務めた東京大学名誉教授の御厨貴さんは、「これでようやく新しい皇室の体制ができあがったと言ってよく、感慨に堪えない」と述べました。

そのうえで今後の皇位継承について国民的な議論をしていくべきだと指摘します。

現在の皇室で皇位継承資格があるのは、秋篠宮さまのほかには秋篠宮ご夫妻の長男の悠仁さまと上皇さまの弟の常陸宮さまに限られています。

御厨さんは、「ようやく皇室の1つの動きが終わり、新しい皇室をどうしていったらいいのか、ここで議論を始めなければいけない。先延ばしをするとますます皇位継承者が減っていくことになり、先延ばしにすることは避けたい」と訴えます。
そして、「丁寧にみんなに知らせ、天皇と皇室というのは今後どうあるべきなのかということを、皆でしっかりと、しかし、ゆっくりと考えるということが必要なのではないでしょうか」と述べました。

秋篠宮さま 文書で感想寄せられる

秋篠宮さまは、「立皇嗣の礼」が終わったことについて、8日夜、文書で感想をあらわし、「立皇嗣宣明の儀をはじめとする本日一日の儀式が滞りなく終わりましたことを、ありがたく思っております。
現下のCOVID-19の影響をはじめ、様々な状況にある人々や社会に思いを致しつつ、これからも、皇嗣としての務めを果たしてまいりたいと思います」と述べられました。

秋篠宮ご夫妻は、10日、皇居・宮殿で、天皇皇后両陛下や皇族方などから、「立皇嗣の礼」が終わったことについてお祝いを受ける行事に臨まれます。