バイデン当選確実 【国内経済界の反応】

アメリカ大統領選挙で民主党のバイデン前副大統領の当選確実が伝えられたことを受けた日本の経済界の反応です。

経団連 中西会長

経団連の中西会長は「選挙結果の確定まで時間がかかるようですが、心よりお祝い申しあげます。日米の新政権どうしの緊密な連携と、両国関係の一層の発展を祈念します。諸外国とも連携を強化し、新型コロナウイルスの収束と世界経済の回復、国際秩序の再構築に主導的役割を果たされることを期待します」というコメントを発表しました。

経済同友会 櫻田代表幹事

経済同友会の櫻田代表幹事は「選挙にともなう混乱が速やかに沈静化し、政権移行が円滑に進むことを期待している。菅総理大臣には、早期に首脳同士の信頼関係を確立して欲しい」としたうえで、「政権が変わっても、日米関係は日本外交にとっての基軸であることに変わりはない。日米が共に責任を担うべき課題も多く、共通の利益に目を向けて、一層の関係強化に取り組むことが重要だ」とするコメントを発表しました。

日本商工会議所 三村会頭

日本商工会議所の三村会頭は「新大統領は、新型コロナウイルスの克服と分断の危機にある国をまとめることを優先することになるだろうが、国際秩序の維持と世界経済の早期回復に向け、主要各国との関係を修復していただきたい。加えて、トランプ政権下で良好だった日米両国の関係が、新しい政権においても維持され発展することを強く期待する」というコメントを発表しました。