立皇嗣の礼 「立皇嗣宣明の儀」行われる

秋篠宮さまが皇位継承順位1位の「皇嗣」となられたことを天皇陛下が広く内外に宣言される「立皇嗣宣明の儀」が、8日午前、皇居・宮殿で行われました。

「立皇嗣宣明の儀」は、秋篠宮さまの「立皇嗣の礼」の中心となる儀式で、午前11時すぎから皇居・宮殿の「松の間」で行われました。

儀式には、天皇皇后両陛下と秋篠宮ご夫妻のほか、9人の皇族方が参列され、内閣総理大臣など三権の長や外国の大使の代表など46人も正装で臨みました。

はじめに、儀式での装束姿の天皇陛下が、「皇室典範の定めるところにより文仁親王が皇嗣であることを、広く内外に宣明します」とおことばを述べられました。
続いて、歴代の皇太子が着用してきた装束に身を包んだ秋篠宮さまが、紀子さまとともに天皇陛下の前に進み、「皇嗣としての責務に深く思いを致し、務めを果たしてまいりたく存じます」と決意表明にあたるおことばを述べられました。
このあと菅総理大臣が天皇陛下の前に進み出て、「国民は、両殿下が人々に親しく接せられるお姿に敬愛の念を抱いており、こうして立皇嗣の礼が挙行されますことは、こぞって喜びとするところであります」などと、お祝いの言葉を述べました。

儀式は、両陛下と秋篠宮ご夫妻、それに菅総理大臣を除く全員がマスクを着用するなど、感染防止対策を徹底した上で行われ、およそ15分で終了しました。

このあと、宮殿の「鳳凰の間」で、歴代の皇太子に伝わる「壺切御剣」と呼ばれる守り刀を、天皇陛下が秋篠宮さまに授けられる行事も行われました。

内閣総理大臣の寿詞(よごと)【全文】

謹んで申し上げます。

天皇陛下には、本日ここに立皇嗣宣明の儀を挙行され、文仁親王殿下が皇嗣であることを内外に宣明されました。一同心からお祝いを申し上げます。皇嗣殿下は、妃殿下とともに、天皇皇后両陛下や上皇上皇后両陛下をお支えになられ、被災地御訪問や国際親善をはじめ、皇室の御活動に真摯(しんし)に取り組まれてこられました。

国民は、こうした活動を通じて、両殿下が人々に親しく接せられるお姿に敬愛の念を抱いており、こうして立皇嗣の礼が挙行されますことは、こぞって喜びとするところであります。

ここに改めて皇室の一層の御繁栄をお祈りをいたします。

衆参両院議長も謹話

「立皇嗣宣明の儀」に際して、衆参両院の議長は、「謹話」を出しました。

大島衆議院議長は、「この令辰(れいしん)に当たり、殿下が皇嗣となられたことが広く内外に宣明されましたことは、まことに喜びに堪えません。殿下には、妃殿下をはじめ御家族の皆様方とともに、今後一層中外の信望に応えられつつ、ますますお健やかにお過ごしになることを衷心よりお祈り申し上げます」としています。

また、山東参議院議長は、「皇嗣殿下は、数々の御公務を通じ、親しく国民に接し広く敬愛を集められるとともに、諸外国との間において我が国との絆を深めてこられました。この度の御宣明に当たり、より一層、内外の信望にこたえられますよう祈ってやみません」としています。