国民 玉木代表 憲法改正めぐり自民・維新と会談 立民から批判

憲法改正をめぐって、国民民主党の玉木代表が、自民党や日本維新の会の幹部らと会談を重ねているため、立憲民主党から批判的な声が相次いでいて、選挙協力などに影響するという見方も出ています。

国民民主党は、先月、党の独自性を出したいとして、立憲民主党と、去年から衆議院で組んでいた統一会派を離脱したものの、今後もできるかぎり連携を維持し、選挙協力も進めたいとしています。

その一方で、国民民主党の玉木代表は、今月に入り、自民党の憲法改正推進本部の衛藤・本部長と会談し、国会の憲法審査会をめぐって意見を交わしたほか、日本維新の会の片山共同代表らとも会談し、建設的に憲法改正の議論に臨む認識で一致するなどしています。

こうした動きについて、国民民主党は「政党間の意見交換は、当たり前のことだ」としているのに対し、菅政権と対決姿勢を強めている立憲民主党では「野党連携の足並みを乱す」と批判的な声が相次いでいて、選挙協力などに影響するという見方も出ています。