政治

バイデン前副大統領当選確実 信頼関係の構築目指す 政府

アメリカ大統領選挙で民主党のバイデン前副大統領の当選が確実になったとアメリカメディアが伝えたことを受けて、政府は、菅総理大臣のアメリカ訪問を含め首脳間の信頼関係の構築を目指すとともに、新型コロナウイルスや地球温暖化対策などの国際的な課題で連携を確認したい考えです。
アメリカ大統領選挙で民主党のバイデン前副大統領の当選が確実になったとアメリカメディアが伝えたことについて、日本政府は、トランプ大統領が選挙戦最終盤で追い上げたものの、世論調査などでは一貫してバイデン氏の優勢が伝えられていたことから、冷静に受け止める声が大勢です。

政府としては、まずは菅総理大臣とバイデン氏の信頼関係を構築することが極めて重要だとして、新政権への移行状況を見ながら、適切な時期に首脳会談を実現させたい考えです。

そして、国際協調を重視するバイデン氏との間で、新型コロナウイルスへの対応や地球温暖化対策などの国際的な課題をはじめ、北朝鮮の核・ミサイル問題などの安全保障分野などで、日米の緊密な連携を確認したい考えです。

一方、政府内では、アメリカと中国の対立が続く中、バイデン政権になっても中国への姿勢は大きく変わらないのではないかという見方が大勢で、新政権の出方も見極めながら中国との関係改善をどのように進めていくか、対応を検討していく方針です。

菅首相 ツイッターにお祝いのメッセージ

アメリカ大統領選挙で民主党のバイデン前副大統領の当選が確実になったとアメリカメディアが伝える中、菅総理大臣は、けさ、みずからのツイッターに、お祝いのメッセージを投稿しました。

メッセージは、「ジョー・バイデン氏とカマラ・ハリス氏に心よりお祝い申し上げます。日米同盟をさらに強固なものとするために、また、インド太平洋地域と世界の平和、自由および繁栄を確保するためにともに取り組んでいくことを楽しみにしております」と、日本語と英語でつづっています。

西村経済再生担当相「自由貿易・投資環境の維持 発展を」

西村経済再生担当大臣は、浜松市で、記者団に対し「世界経済は、引き続き、厳しい状況にあるが、回復に向けて、日米という世界の大国が、しっかりと連携していきたい。そのためにも、世界中が内向きになりがちな中で、自由な貿易・投資環境の維持、発展に力を合わせていければと考えている」と述べました。

特集

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。