学術会議任命 立民 枝野代表 政府の対応の追及続ける考え

学術会議任命 立民 枝野代表 政府の対応の追及続ける考え
「日本学術会議」の会員任命をめぐって、立憲民主党の枝野代表はさいたま市での講演で、総理大臣が形式的な任命権しか持たないのは明らかで、会議が推薦した6人を任命しなかった政府の対応は許されないとして、追及を続ける考えを示しました。
この中で枝野代表は、「日本学術会議」の会員任命について、およそ40年前に当時の中曽根総理大臣が「総理大臣は形式的な会員の任命権しか持たない」と国会で答弁したことに触れ、これが従来から一貫してとられてきた政府の法解釈のはずだと指摘しました。

そのうえで枝野氏は、会議が推薦した6人を任命しなかった今回の政府の対応について、「40年たったら、『当時のことはよく分かりませんが、政府の法解釈は一貫している』と、訳の分からないことを言っている。勝手に開き直って法解釈を変えられるというのは、もう法治国家ではなく、ひどい話だ。『学問の自由』以前の問題で、許されない」と述べ、追及を続ける考えを示しました。